会社沿革

1969年2月1日
資本金300万円で古川電器産業を創立する。
(相模原市高根2-8-3)
1970年11月
ファクター株式会社に改名する。
1972年4月
資本金を増資し750万円とする。
1973年4月
町田工場を新設する。
1976年10月
日本航空電子工業株式会社の協力工場となり、コネクター組立、ハーネス加工を行う。
1981年5月
株式会社ビクター・データ・システムズの協力工場となり、コンピューター関連機器の組立検査を行う。
同年6月
資本金1,000万円とする。
本社工場を相模原市渕野辺1074-37に新設移転する。
1984年2月
日本航空電子工業(株)代理店となり、コネクター販売開始。 本社工場を閉鎖。町田工場を本社工場として一ケ所に統合。ワイヤーハーネス加工及びコネクター販売専門会社として再スタート。
1992年1月
北海道室蘭工場設立
1995年1月
ULワイヤリング・ハーネスプログラム対応開始
1996年5月
平成8年5月 本社工場新築
2002年2月
ISO9001(2000年版)認証取得
登録証番号: JQA-QM7804
2005年10月
ISO14001(2004年版)認証取得
登録証番号:JQA-EM4984
2005年11月
創業者 古川義弘が取締役会長に、古川弘司が代表取締役社長に就任。
                    
2017年10月20日
ISO14001運用を終了し、当社社内規定での環境対応を開始。